• Yana315

VRゲームアプリ(デモ版)完成しました!

XRの研究・開発に力を入れている弊社ですが、最近ゲームチームでVRゲームアプリ(デモ版)をいくつか制作してみました!

弊社YouTubeチャンネルにもショートムービーを掲載しておりますのでご興味があればぜひご覧ください。(下記チャンネル内、GIANTYプロダクト)

https://www.youtube.com/channel/UCZ-UfS2XRcI6utT1aw4pfig

その中の1つになりますが、ベトナムスタジオ内で実際にアプリを動かした際の動画です。

ヘッドセット装着により、視界の360°がカバーされ、限りなく現実に近い世界に没入する感覚が得られます。

臨場感溢れる3D体験で、ユーザーがVR技術を手軽に体験できます。


弊社でゲーム開発・運営しているRPG「GOKEN」もVRになると全然違いますね。


VR市場をけん引しているのはゲーム業界ですが、2022年までに大きな伸びを見せるのが小売業、製造業だと言われています。

「VTuber」や「VR市民」の増加に伴い、VRに新たな市場が生み出されてきました。

世界初のVR展示即売会であるバーチャルマーケット(Vket)は昨年末に5回目のイベントを開催し、世界中から70万人を超える来場者を集めました。

バーチャルマーケットは、「VRChat」という無料プラットフォームを使用したバーチャル空間で開催されます。

VRChatから入れる「ワールド」を展示会場として作成していて、ユーザーはVRChatからそのワールドを訪れてイベントを楽しむ形になります。

このイベントでは、出展者と来場者がアバターなどの3Dアイテムや、リアル商品を売買できます。

その中でアパレルのBEAMSがバーチャルショップとして初出店したそうです。

BEAMSスタッフが操作するアバタースタッフによるバーチャル接客を受けて、まさに現実世界に近い新体験ができます。

ここでは3Dモデル商品はもちろん、コラボアイテムを含むリアル商品も購入できます。

VRとリアルがクロスオーバーした「パラリアル」の世界に市場は広がっていますね。

(C)https://twitter.com/BEAMS_JP/status/1343844986974994432


弊社ではVRをはじめとするXRの技術開発をすすめております。そのアプリやゲームとともに必要になるのは3Dモデルですね。

弊社にはベトナムに開発スタジオのほかにアートスタジオがあり、3D制作の実績も多数ございます。

3D量産体制を整えることはもちろん、クオリティーもお任せください!

94回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
logo_new 1-01.png
  • Facebook

All trademarks referenced herein are the properties of their respective owners.

©GIANTY Inc. All Rights Reserved.

  • YouTube